MENU

顔汗の原因と対策

知らない間に噴き出してくる、メイクが崩れて最悪…そんな顔汗の原因は、一体何なのでしょうか。

 

 

・ホルモンの乱れ

 

女性ホルモンが乱れることで、汗を出す働きがおかしくなり、本来なら汗が出る必要はないのに発汗してしまうというケースがあります。

 

自律神経の乱れや、更年期障害などもホルモンの乱れによって発汗作用が間違って働いてしまいます。

 

内面的な要因なので、薬などを使っても長期的なケアが必要です。

 

 

 

・精神的な原因

 

ストレスを感じる場面や、強い緊張感が走ると汗が噴き出してきます。

 

これはストレスなどによって、汗を出すための神経伝達が過剰に反応してしまうためです。

 

会議でのプレゼン、発表会、大事な試合…など、そういった場面で起こることが多いです。

 

リラックスした状態でいることが改善策ですが、なかなか難しいのが現状です。

 

 

 

・汗が出にくい

 

運動不足である人、空調によって気温差が激しくなる環境にいる人などは、体が汗を出しにくくなっています。

 

汗は体温調節で出てくるのですが、その必要がなくなているためです。

 

すると、溜まった水分が顔の汗腺から一気に出てくるため、顔汗が酷くなってしまいます。

 

運動をして代謝を上げたり、体温調節ができる体になれるように、お風呂にゆっくり浸かって汗を出すなど、対策を取る必要があります。

 

 

 

このように、顔汗が出てくる原因は、精神的なものから体の不調まで様々です。

 

そして、原因が多岐にわたっているので一つに絞るのが難しく、また原因が解ってもケアしていくのには時間がかかります。

 

顔汗が人よりもひどいなと感じる人は、医師に相談したり、どんな状況で汗が出てくるのかを分析してみたりして、顔汗の原因究明と自分に合ったケアの方法を見つけていきましょう。

 

即効性がある治療方法や、顔の汗に効く特効薬があるわけではありません。

 

なかなか改善しなくてストレスに感じることもあるかもしれませんが、改善しないわけではないのでケアをしっかり続けていくことが大切です。

関連ページ

顔汗を効率よく改善するには!
顔汗を改善するための手軽なケア方法や、顔汗を改善するアイテムについてご紹介しています。
顔汗の治療は何科へ行けばいい?病院での治療方法とは
顔汗について相談するには何科の病院へ行けばいいのでしょうか。また、顔汗の治療は何科でどんな治療があるのか調べてみました。